過払い金請求とは

クレジットカード過払い金請求は消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者からの借金が5年以上あり、利息制限法の上限を超えて払いすぎた利息を返還してもらうことができるものです。現在は貸金業法が改正されたことによって金利の上限は15%から20%となっていますが、貸金業法が改正される前は29.2%であったことから平成22年よりも前にクレジットカードのキャッシングや消費者金融、銀行のカードローンなどを利用した人は過払い金の対象となる可能性が高くなります。

金融業者に過払い金を請求する際は弁護士に依頼をして取引のあった貸金業者から取引履歴を取得します。取引履歴を元に引き直し計算を行い、金融業者に払い過ぎた利息の返還請求を行います。金融業者が過払い金請求に応じない場合は裁判所へ過払い金返還請求を起こすことができ、払い過ぎた利息は返還してもらう権利があるということがわかります。

現在カードローンやキャッシングなどの利用はしておらず完済している場合は過払い金請求をしても信用情報に傷がつくことはなく、いわゆるブラックになることはありませんが、残高が残っている状態で過払い金請求を行うと金融事故として記録が残ってしまうので信用情報に傷がついてしまう可能性があり、メリット、デメリットを踏まえてしっかり弁護士と話し合うことが大切です。

弁護士に相談できる借金問題

毎月の返済が苦しく借金を少しでも減らしたい、借金を整理して生活を立て直したいという人はまずは弁護士に相談しましょう。弁護士に相談すると、借金を減額したり、整理するための適切な方法を提案してもらうことができます。

お金と時計弁護士が借金問題を解決するために提案する方法として挙げられるのが、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産などの債務整理です。これらの整理は借金の総額や収入の有無などの応じて適した方法を選ぶことが大切で、利息制限法に基づく利息の再計算や金融業者や裁判所に提出する書類の作成、金融業者との交渉などが必要になることから、専門的な知識や経験を持つ弁護士の存在は必要不可欠です。もちろん個人でも手続きを行うことができますが、費用を支払っても弁護士に依頼する方がスムーズに解決します。

また弁護士に借金について相談し、債務整理を依頼することで金融業者からの督促はすぐにストップします。電話やはがきなどの督促で家族や職場に借金をしていることが知られてしまうのではと不安に感じている人はできるだけ早く弁護士に相談することで借金問題に関する不安も解消することができます。

弁護士に債務整理を依頼すると借金の減額を交渉する際にこれまで払い過ぎた利息の返還請求も行うことができ、借金が減額されるだけでなく手元にお金が返ってくるという場合もあります。これを過払い金請求と言います。