過払い金請求とは

クレジットカード過払い金請求は消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者からの借金が5年以上あり、利息制限法の上限を超えて払いすぎた利息を返還してもらうことができるものです。現在は貸金業法が改正されたことによって金利の上限は15%から20%となっていますが、貸金業法が改正される前は29.2%であったことから平成22年よりも前にクレジットカードのキャッシングや消費者金融、銀行のカードローンなどを利用した人は過払い金の対象となる可能性が高くなります。

金融業者に過払い金を請求する際は弁護士に依頼をして取引のあった貸金業者から取引履歴を取得します。取引履歴を元に引き直し計算を行い、金融業者に払い過ぎた利息の返還請求を行います。金融業者が過払い金請求に応じない場合は裁判所へ過払い金返還請求を起こすことができ、払い過ぎた利息は返還してもらう権利があるということがわかります。

現在カードローンやキャッシングなどの利用はしておらず完済している場合は過払い金請求をしても信用情報に傷がつくことはなく、いわゆるブラックになることはありませんが、残高が残っている状態で過払い金請求を行うと金融事故として記録が残ってしまうので信用情報に傷がついてしまう可能性があり、メリット、デメリットを踏まえてしっかり弁護士と話し合うことが大切です。